BioLOG

( 誰かの役に立てば良いなと思うブログ )

54/88 湯穴温泉

湯めぐり旅2日目。今日は都城駅からスタートです。

f:id:bio-log:20200917094441p:plain

バスで西に向かい、湯穴温泉を目指します。ゆあな、ではなく「つ」あなです。

 

ここは都城市の吉之元町というところにあるのですが、公共交通の便が非常〜に悪いです。

都城駅霧島神宮(※霧島神宮「駅」ではないし駅は通らない)を結ぶ高崎観光バスしか通っておらず、その本数は…

f:id:bio-log:20200917205910j:image

2〜3時間に1本。休日は△がついた便は運休なので、1本乗り過ごすと5時間半待ちという恐ろしいことになります。

 

地元密着のマイクロバスに揺られること1時間、吉之元バス停に到着です。着いたら目の前に施設があるので、迷う心配はご無用。

f:id:bio-log:20200917211133j:image

この坂を登った先が、本日1つ目の目的地「湯穴温泉」。

 

8時に到着したのですが、一番乗りでした。

f:id:bio-log:20200917210804j:image

ドアを入るとすぐに脱衣所。

 

デン、と浴槽が正面に鎮座します。

f:id:bio-log:20200917211121j:image

左隅の小さい浴槽は、源泉そのままの水風呂。右側はボイラーで加温されています。

 

f:id:bio-log:20200917211106j:image

見てください、芸術的な析出物と、水面に浮かぶ薄い膜!一番乗りの特権です。

温かい浴槽は、そのまま入ると体温とほぼ同じくらいのぬる湯。濃いぬる湯とは、私のドストライクなのです。

 

バスの都合で2時間つぶさないといけなかったので、ひたすら温冷交代浴をしてました。温度がぬるいため、長風呂しても全然平気。

途中で常連さんが入ってくると、右端に写っているボイラーに繋がる管の栓を開けて温度が上げていました。やはり、デフォルトだと一般的には物足りない温度のようです。

さらにさらに、飲泉もできます。味は、微炭酸でカナケが強いのですが、個人的には飲みやすい方かなと感じました。常連さんだとコップ2杯をグビグビ飲み干していました。

 

これで素晴らしさは伝わったでしょうか。。福岡の福智町にある「ほうじょう温泉ふじ湯の里」を思い出す。(ちなみに、ふじ湯の里は一時期閉館されていたものの、本年6月にリニューアルオープンしたとのこと!)

なかなか行きにくいところにありますが、特に車移動なら是非入ってみてほしい温泉でした!

f:id:bio-log:20200917211941j:image

♨︎残り34湯♨︎

53/88:青井岳温泉 青井岳荘

宮崎に降り立ちました。

到着が17時を過ぎているということで、今日は色々巡るというわけにはいきませんが、記念すべき第1湯(通算37湯)目に向かいます。

f:id:bio-log:20200916233003p:plain



宮崎空港から南宮崎駅を経由して青井岳駅まで。そこから徒歩10分の青井岳温泉です。

 

青井岳駅に降り立つと、、

f:id:bio-log:20200916232150j:plain

ポツンとたたずむ無人駅舎、

 

出口正面には

f:id:bio-log:20200916232201j:plain

階段。ここを下ると、街灯もない道が。

しばらく歩くと国道に出ますが、そこにも街灯はありません。

ただ、何故か車通りはそこそこ多く、歩いているとそれがまた怖い・・・。

 

テクテク、テクテク…

これも修行、と思って真っ暗闇の中をひたすら10分歩きます。

 

そして、、ぼんやり見える灯りが見え、「はぁ〜、やっと温泉入れる、、」と思わず声が。。

 

ついに、、

この旅1湯目(通算53湯目) 青井岳温泉 青井岳荘

f:id:bio-log:20200916233256j:plain


前評判通りのぬるぬる感のある泉質、ちょこっと舐めるとほんのり塩味。

香りは、、記憶が正しければ、昔よく行っていた、佐賀の祐徳稲荷温泉と似てる。

 

サウナ・水風呂もあり、外気浴をすると清々しい山の香り。。リラックス~~

ということで、

 

f:id:bio-log:20200916234012j:plain

初の宮崎県の温泉、制覇です!

 

個人的には、ここは明るいうちに行った方が色々楽しめそうだなと思いました。

ちなみに、帰りはご親切に施設の方に駅まで送っていただきました。。感謝。。

 

♨︎残り35湯♨︎

泉人への道のり

ついにもう一晩寝ると、八十八湯めぐりの旅が始まります。

 

今回、なぜ宮崎からぐるっと大回りで別府へ向かうルートにしたかというと、八十八湯めぐりのルールが大きく関係しています。

栄えある「泉人(せんにん=最上位)」に認定されるには、88個のスタンプを集めるのみならず、異なる7県のスタンプが必要、すなわち九州全県を巡る必要があります。これまでに巡った温泉を見ると・・・

f:id:bio-log:20200915180715p:image

(リストのチェックが訪問済み、地図上の赤点が未訪問)

 

佐賀に住んでいたということで、北部九州はかなり行き尽くしている一方、南九州の宮崎・鹿児島は全く巡っていません。

地図を見ると、霧島山周辺と、別府周辺に未訪問の温泉が固まっています。

そして、ちょうど熊本に友人がいるので、久しぶりに会いたいということもあってこのようなCの字のルートになったわけです。

 

そして、私は温泉のみならずサウナも好きなので、この機会に滅多に行けないサウナも巡ろうと思っています。

目標1日1サウナ。九州は一般的なサウナのみならず、温泉蒸気を用いた蒸し風呂も点在している&湧水の水風呂も多いので楽しみです。

 

さて、そろそろ荷造りをしなければ・・・。

 

九州八十八湯巡り:コンプリートの旅

佐賀県に住んでいた5年ほど前より、九州八十八湯巡りというのをやっておりました。

ただ、やはり九州を離れてしまった今、なかなか進めることができずに今まで放置していたことがずっと心残りでした。

 

そこで、この週末の4連休+αを使って、残り36湯をコンプリートすべく、一人旅をすることにしました。

大まかな行程は宮崎空港に降り立って、ぐるっと九州を反時計回りに回って別府まで。計8日間の長旅です。

f:id:bio-log:20200914162649p:image

 

基本的には公共交通機関を使って、なるべく安くの貧乏旅。

GoToキャンペーンの恩恵も受け、出発前の概算では、8日間で行き帰りの飛行機代も含めて8万円以内に抑える予定。

 

明日16日(水)がスタート。旅をしながら随時更新していきたいと思っています。

 

羊も良いけどジオラマも

STRAY SHEEPがリリースされてからひたすら米津さんの音楽を聴く日々を送っている。

このタイミングでサブスク解禁されると知らず、解禁直前にdiorama (1stアルバム), YANKEE(2ndアルバム)はApple musicで課金して買ってしまった(でも別にいい)。

 

STRAY SHEEPは本当に名曲揃いなのは間違いない。どの曲も曲調や歌詞のメッセージは違えど多くの人の心を掴む何かがあると感じる。それに加えて、以前のアルバムに比べて、より「みんなの」米津さんになったなと強く感じる。良い意味での大衆化というか、この辺りはどこかで同じようなことを彼自身も言っていたように思う。STRAY SHEEP Radioだったか...?

 

一方で、ボカロPから米津さん自身が歌うようになった初期の作品には、ごくごく私的な感情だとか彼独特の言葉遣いを、またこれも独特な音調に乗せた「素(す)の面白さ」がある。

その中でも、"vivi"と"乾涸らびたバスひとつ"の2曲は、哀愁感漂う曲に、別れる2人を唄った曲で、個人的にすごく好きな曲だ。

www.youtube.com

 

言葉にすると嘘くさくなって 形にするとあやふやになって

丁度のものはひとつもなくて 不甲斐ないや

頭の中の感じたこと、伝えたいことを完全に言葉にするのは不可能で、そのもどかしさだったり後悔だったり...そんな自分にも思い当たるような感情を、言葉にして、音楽にしてくれて、本当にありがとうと言いたい。

 

ということで、最新もいいけど、今、1stを聴くのもいいよねって話でした。

あと、米津さんの声は落ち着きますね。眠れない夜の精神安定剤にも良い。

www.youtube.com

私の場合の症状と経過(双極性障害/AC)

双極性障害の治療に専念しはじめてから2週間が経ちました。今回は自分のメンタル不調とちゃんと向き合うということで、まじめに服薬することと、日々の調子の変化を記録することは守るようにしています。

これまでは薬でごまかしながら仕事を続け、なんとなく持ち直したら服薬や通院をやめていたのですが、それでは再発の可能性が高まること、躁転・鬱転時の気分の変動が激しくなることを医師に指摘されたためです。

ということで、今回は長めに休みを取り、再発をしない身体をつくることを目標に、治療に専念しようと考えています。

 

これまでの薬の処方歴は、

H30/1月-3月(1回目の不調):アルプラゾラム錠0.4mg + セルトラリン錠25→50→75→100mg

この時はうつ病と診断されていた。薬の効果はほとんど感じなかった。仕事を続けながら服薬。なんとなく気分が持ち直してきたために自己判断で通院中止・服薬終了。

R1/5月-7月(2回目の不調):レクサプロ10mg

R1/7-8月:レクサプロ10mg + ビプレッソ錠50mg

この時も最初はうつ病の治療としてレクサプロが処方され、途中で双極性障害かもしれないということでビプレッソを追加された。レクサプロはあまり効果の実感がなく、ビプレッソ はすごい眠気が強く出るが、不安等の症状は和らいだ。この時は数日間動けなくなったため1週間ほど休暇をとったが、そのあとは調子の悪い日のみビプレッソ を服用し、眠気と戦いながら出勤。ただ、眠くて眠くてほとんど仕事にならず。このときも症状の緩和により自己判断で通院中止・服薬終了。

R2/8月-(今回):ビプレッソ50mg + 炭酸リチウム200mg

 前回の不調時にビプレッソ が効いたと医師に話し、ビプレッソは今回も処方された。それに加え、双極性障害ではもっともよく用いられる炭酸リチウムもあわせて服薬。→薬の作用かはわからないが、下記のように2週間でだいぶ気持ちは安定してきた(落ちることがなくなった)。

 

この2週間、気分の変化はこんな感じでした。

1~4日目:×(希死念慮強い、何もやる気起きず欲がわかない。日中は寝るかぼーっと映画を見る、もしくは好きな米津玄師さんの歌の歌詞をノートに書き写していました)

5日目:×→△(日中は上と同じような状態、夜になると、サウナに行こうかという気になる。少し気分が持ち直す)

6日目:×

7日目:×→△(通院、外に出るのがつらい。YouTube様々な障がいを持つ方の動画石川昴さんの動画をたまたま見て、自分も前向きに生きたいという感情が芽生えだす)

8日目:△(希死念慮はほとんどなくなるが、日中まだ何をしようか決められない)

9日目:△→○(上と同じような状態→YouTubeでたまたま双極性障害当事者の長月龍さんの動画を見てとても心に沁みる。その関連動画で産業医武神さんの動画に出会う。自分だけではなくメンタル疾患を患った人は同じような状態になるのだということを知れた安心感と、これまで復職に向けての指針がない中で1つの方向性が見えたことでだいぶ救われた気になる)

10日目:△〜○(メンタル系のYouTube動画を見漁る。自分は幼少期の経験からアダルトチルドレン的な傾向があるのではないかということに気づく。武神さん廣瀬さんの動画を見て、自分の好きなこと、やりたいこと、やり残したことってなんだろう?と考える。→九州八十八湯めぐりの残りと生理学の勉強をしたいと思う)

11日目:○(この日は早朝に起きることができた。日中も外出意欲あり。ずっとやらなければと思いながらもやりそびれていた生理学の勉強のための本を購入。YouTubeポモドーロテクニックの動画を見つけ、実践してみようと思う。)

12日目:○(生理学の第1章を勉強。やるべきことができたため時間を有意義に過ごせている感覚が出てくる。早速、九州八十八湯めぐりの計画を立て始める)

13日目:○(生理学の第2章を勉強。旅の計画を立てているとついつい時間を忘れ、夜更かししてしまう)

14日目:○(生理学の第3章を勉強。その後に通院。帰ってから勉強の続きとYoutubeでメンタル関係の動画を見る)

15日目(今日):○(生理学の第4章を勉強)

 

やはり何かに対してやる気になると精神的に好転してくるのが実感を伴ってわかるようになる。この2週間のうちに転機となったことは、

1: 辛い時に無理をせずに家でとことん眠り、休養をとったこと(1-5日目)

2: YouTubeでさまざまな精神科医産業医の動画を見ることによって現状の自分の状態や、なぜ自己肯定感の低い考え方の癖をしてしまうかが理解できてきたこと(9日目)

3: やりたいと思っていたことに具体的に着手したり計画を立てることができたこと:時間が経つのを忘れて没頭できるものが見つかった(11日目以降)

これでだいぶ気持ちが安定し、過去をくよくよ振り返ったり死にたいと思うことがなくなってきました。

かといって、例えば朝の起床時間はいまだに遅い日が多く(10-11時ごろ)、職場復帰にはもう少し時間・トレーニングが必要だと感じています。いろんな動画を見て、復職の際には「焦らない」ことが大事だと学んだので、主治医とも相談しながら復職に向けて少しずつ取り組んでいきたいと思っています。

 

精神疾患は人によって症状に個人差が大きく、また私の場合は比較的軽度だと思うのですが、同じように苦しんでいる方の参考になれば幸いです。

夜の入口

久しぶりの雲です。

 

f:id:bio-log:20200909203658j:image

 

風も涼しく秋の気配、下界の街はもう暗く沈む中、

空は色んな雲を浮かべながら、今日の日が終わるのが惜しいように明度のつまみをだんだんと落としていく。

 

 

 

2020年9月9日 横浜市中区