読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BioLOG

あほのこえだめ。A Fool in the Toilet.

佐賀に来て良かったこと

f:id:bio-log:20170416174039j:image

空が広いこと。

星が綺麗に見えること。

四季の移ろいが五感で感じれること。

例えば、ロウバイ、黄色の花をつける梅、の香りで春の訪れを知る。

 

九州八十八湯めぐりを知ったこと。

それであちこちの温泉を巡ったこと。

時に、びっくりするほど良い温泉に巡り会えたこと。

福岡の博多温泉、雲仙の有明ホテル、熊本の辰頭温泉、壱岐の山口温泉、、

母なる大地の恵みを全身で実感できたこと。

そして時たま、地元のじいちゃんと雑談。いろんなことを教えてもらったこと。

 

飯が旨いこと。

酒も旨いこと。

旨い酒と肴を出してくれる居酒屋があること。

そこで一緒に飲んでくれる仲間ができたこと。

そこで一緒に語ってくれる素敵な地元のおじさまおばさまがいること。

彼らはよくおごってくれる。

 

佐賀のお父さん、お母さんと呼べる人と出会えたこと。

お父さんは釣りが好きで、朝釣った肴をその日に店で食わせてくれる。

お母さんは漬物名人で、梅を3つの違う味に漬ける。しかもどれも美味しい。

二人いつも笑って、あらいらっしゃい、と暖かく迎えてくれたこと。

 

自分が素に戻れたこと。

やり残したことに少しずつ取り組めたこと。

将来の目標が定まったこと。

整えること、丁寧に生きることを学んだこと。

そんな中で、一緒に働かないか、と声を掛けてくれる人がいたこと。

 

終わり、はもうすぐ。

次への助走も大事。今のひとつひとつを慈しむことも大事。

 

2017年4月16日 佐賀県鹿島市