BioLOG

( Daily life of a biologist. )

トリエンナーレでルクセンブルク

f:id:bio-log:20170910185409j:image

昨夜、ヨコハマトリエンナーレのナイトミュージアムに参加しました。

 

島と星座とガラパゴスというタイトル。

孤立と接続、難民問題、アメリカを筆頭とするポピュリズムの台頭、社会の複雑化、、

現代人類が直面する問題に対して、さまざまなアーティストがさまざまな形で表現していて、自分自身も非常に刺激を受けたし、2時間という鑑賞時間ではとても足りないほどボリュームのある展示だった。

 

スプツニ子!氏Sputniko! Official Websiteによる展示

GoogleでWhy is **(国名)で調べると、自動で検索候補が出てきて、その国のパブリックイメージを知ることができるというもの。

例えば日本は、「なぜそんなに安全なのか」

f:id:bio-log:20170910191205j:image

 

ではルクセンブルクはというと、「なぜルクセンブルクは国なのか」というのには笑ってしまった。

f:id:bio-log:20170910191325j:image

 

2017年9月9日 神奈川県横浜市

 

ルクセンブルク

今日、書店をふらふらとしていて、そうだ、来月ルクセンブルクに行くから、と思って、[旅行]のコーナーでしばらく物色したものの、その国について書かれた本はついにたったの1冊しか見つけることはできなかった。

 

f:id:bio-log:20170904005825j:image

 

ルクセンブルク、自分にとっては全くもって未知の土地、いろいろ想像が膨らんで、ちょっとした冒険に今から胸が高鳴っている。

 

2017年9月3日 神奈川県藤沢市

ラジオ

横浜に引っ越してはや1ヶ月ちょっと。

佐賀にいた時はradikoラジオNikkeiしか聞けなくて、車の中ではLOVE FMばっか聞いてたけど、関東は選択肢がいろいろあって良いね。

 

メモがてら、気に入ってるラジオ番組をご紹介。

平日朝(月〜木)

ちょうどいいラジオ | Fm yokohama 84.7 (FMヨコハマ)

LINEボイスで子どもたちから送られてくるメッセージがかわいすぎる。

ジングルが好き。

 

日曜朝

WTF? What the Funday? | InterFM897 : インターFM897 [ 89.7MHz TOKYO ]

ファンキーなロックとワヤなトークで日曜の朝からテンション上がる!!

長湯温泉 水神之森 (大分県竹田市)

f:id:bio-log:20170609004525j:image

 

f:id:bio-log:20170608233710j:image

森の中にひっそりと佇む温泉、水神之森

こちらの施設、ちょっと不思議で、すごくインパクトに残る体験になろうとは、まだ入る前には想像すらしていませんでした。

 

ロビーでお出迎えしてくれた、元気溢れるお母さんとしばし温泉談義。

どんな湯が待っているのだろう、、と、期待に胸を膨らませながら浴場へ。

わざわざ、より源泉に近い泉質が味わえる浴室を男湯にしていただきました。

f:id:bio-log:20170608233739j:image

奥の配水管からは、間欠的にボコン、ボコンと勢いよく温泉が湧き出します。

温度がやや高いため、炭酸は遊離して辺りを満たし、やや息苦しくなるほどです。

vimeo.com

 

 

 この成分の析出を見ても、如何に濃ゆい湯か、お分かりいただけるでしょう。

f:id:bio-log:20170608233846j:image

 

配管は、2日掃除しないだけで析出物で詰まってしまうんだそうです。輪切りにすると、、

f:id:bio-log:20170608233909j:image

 

縦切りでは、 f:id:bio-log:20170608233926j:image

温泉の維持に並々ならぬご苦労があることが窺い知れます。

床の析出も頻繁にガリガリと削られるのだそう。

その濃さとは裏腹に、優しく包み込まれるような浴感はまさしく唯一無二です。

 

 

風呂上がりにもお楽しみが。

f:id:bio-log:20170608233951j:image

温泉に豊富に溶け込んでいる炭酸水素イオンにクエン酸を加えてサイダーを作っていただきましょう。

 

vimeo.c

 

皮膚からも、腸からも、大地の恵みをたっぷりといただきました。

 

末期ガンやALSといった難病の終末期の方が、この温泉に通うと幾年にもご健在でおられるという。

それは、この良泉と、こちらを切り盛りされるお母さんの笑いが絶えないおしゃべりのおかげ。僕はそう思います。

 

♨︎成分分析表♨︎

f:id:bio-log:20170609004249j:image

 

2017年6月8日 大分県竹田市

良泉を求めて

f:id:bio-log:20170301212833j:image

九州八十八湯めぐりというものをやっております。

 

f:id:bio-log:20170301214806j:image

このようにスタンプを88個集めて、栄えある泉人(せんにん)を目指します。

 

<これまでの修行歴> 現在初段(45/88湯)。ぼちぼちと各♨︎の記事も書いていきたいです。

〜個人的にお勧め&グッときたポイント〜

=是非お勧めしたい♨︎  [ぬ]=ぬる湯Loverにおすすめの♨︎(泉温≒体温)  [質]=泉質が印象に残る♨︎

[眺]=眺望が良い♨︎  [渋]=渋い雰囲気がそそる♨︎  [水]=グレートな水風呂

 

1. 佐賀県 嬉野温泉 嬉泉館

2. 佐賀県 武雄温泉 元湯

3. 佐賀県 黒髪の森温泉 天童乃湯(2017/4〜対象外)森林浴が心地よい

4. 佐賀県 熊の川温泉 湯招花 [ぬ]

5. 佐賀県 古湯温泉 元湯旅館 鶴霊泉

6. 長崎県 波佐見温泉 はさみ温泉 湯治楼

7. 長崎県 島原温泉 ホテルシーサイド島原

8. 長崎県 雲仙温泉 雲仙いわき旅館 [質]

9. 長崎県 小浜温泉 小浜荘 脇浜共同浴場 [渋]

10. 福岡県 久留米温泉 天然の湯 あおき温泉

11. 福岡県 二日市温泉 博多湯

12. 福岡県 博多温泉 富士の苑 [質]

13. 長崎県 湯ノ本温泉 山口温泉 [質][渋] 壱岐島の生活に根付く鉄泉

14. 佐賀県 高串温泉 唐津市肥前町福祉センター

15. 佐賀県 熊の川温泉 熊ノ川浴場 [ぬ] 湯量豊富なぬる冷泉

16. 福岡県 あさくら温泉 ホテルグランスパアベニュー

17. 福岡県 船小屋温泉 川の駅船小屋 恋ぼたる温泉館 [質]

18. 福岡県 大川温泉 貴肌美人 緑の湯 [質]

19. 福岡県 久留米温泉 湯の坂 久留米温泉

20. 長崎県 雲仙温泉 有明ホテル(2017/4〜対象外)[質] 濃ゆい硫黄臭と酸味の名湯

21. 長崎県 小浜温泉 雲仙荘

22. 長崎県 雲仙・小地獄温泉 雲仙小地獄温泉館 [質]

23. 福岡県 甘木温泉 天然温泉 卑弥呼ロマンの湯

24. 福岡県 田主丸温泉 みのう山荘 [眺]

25. 福岡県 筑後川温泉 清乃屋(2017/4〜対象外)[質] ほのかな硫黄臭と豊富な湯量。湯の新鮮さを保つ小ぶりな浴槽

26. 福岡県 原鶴温泉 延命館

27. 長崎県 長崎温泉 喜道庵 [眺][質] 眼前に広がるオーシャンビューと良質の湯

28. 福岡県 花立山温泉

29. 福岡県 宗像王丸温泉 やまつばさ

30. 福岡県 福智町源泉かけ流し温泉 ふじ湯の里 [ぬ][質] まるで母胎に抱かれているかのような源泉浴

31. 福岡県 博多温泉 元祖 元湯 [質][渋] ボコッボコッと噴出する塩味の湯。地元のじいちゃんとのふれあい

32. 長崎県 ハウステンボス温泉 琴の湯 [質]

33. 熊本県 平山温泉 平山湯蔵

34. 熊本県 山鹿温泉 さくら湯

35. 熊本県 辰頭温泉 [質] まさにフレッシュ。泡付き抜群な龍の湯口

36. 熊本県 不二の湯 テーマパーク的な改札?ゲート?がある

37. 熊本県 平山温泉 平山温泉 元湯

38. 長崎県 小浜温泉 春陽館 [眺]

39. 佐賀県 ヌルヌル有田温泉 (2017/4〜新規指定) [質][水]

40. 熊本県 宝田温泉 宝の湯

41. 熊本県 亀の甲温泉

42. 長崎県 小浜温泉 旅館國崎(2017/4〜新規指定)[質]

43. 大分県 長湯温泉 ラムネ温泉館 [質][ぬ] 男心くすぐる浴室の作りと、しゅわしゅわの炭酸に身を浸す感動。

44. 大分県 長湯温泉 水神之森 [質][ぬ] 長湯温泉でも異質の泉質へのこだわり。一度訪れると忘れられない。

45. 熊本県 しらはなシンフォニー [質]

♨︎残り43湯♨︎

 

<八十八湯以外におすすめの♨︎>

1. 福岡県 大川昇開橋温泉 [質][水]

2. 佐賀県 有明海の湯 [眺]

3. 大分県 長湯温泉 がに湯 [質][眺] 開放感しかない、と思うなかれ。泉質も上々。

4. 熊本県 奴留湯温泉 [質][ぬ] THE ぬる湯の聖地。硫黄泉のぬる湯なんて、最高。

夜間飛行

youtu.be

 

大学時代、帰省するときの車中で聞いていたからか、個人的には真夜中の山陽道上り線のイメージがついてしまったこの曲。

 

なんとなく、夜中から明け方にかけての物悲しい空気感を感じるのは自分だけでしょうか。

二人展 @ Gallery MORYTA

f:id:bio-log:20170526210834j:imagef:id:bio-log:20170526210830j:image

同じ職場の蔵人でもあり、ルームシェアもさせてもらっている川崎さんの展示があったので、福岡・赤坂にあるGallery MORYTAにお邪魔した。

 

f:id:bio-log:20170526210512j:image

主宰されている森田さん、そしてスタッフの皆さんからアートや音楽の話を様々教えて頂き、本当に豊かな時間を過ごさせてもらった。

 

「ふなで」

今回出会った、韓美華さんの作品。

限られた色彩から浮かび上がる立体感。キャンバスの側面にも筆跡があって、見る角度によりいろんな表情を見せる。 

まさに今、新たな道に進もうとしている自分自身の大きなわくわく感や一抹の不安と、作品の表情が重ね合わせられて、思わず心奪われた。

この感情、いつぶりに味わっただろうな。

これからもずっと大切にしたい、素敵な出会いが詰まった1日でした。

 

www.g-morita.com

 

2017年5月26日 福岡市中央区