BioLOG

( Daily life of a biologist. )

今年のインパクトファクターまとめ

Journal Citation Reportsの最新版が発表されました。

jcr.incites.thomsonreuters.com

 

生物系のまとめとコメント。

***************NEJM --- 79.258

**********Lancet --- 53.254

*********JAMA --- 47.661

********Nature --- 41.577

********Science --- 41.058

******Nature Medicine --- 32.621

******Cell --- 31.398

*****Nature Genetics --- 27.125

****Cell Stem Cell --- 23.290

****Nature Immunology --- 21.809

****Cell Metabolism --- 20.565 <-代謝全体的に上がってきてる

***Nature Neuroscience --- 19.912

***Immunity ---19.734

***Nature Cell Biology ---19.064

***Cell Host & Microbe --- 17.872

***Science Translational Medicine --- 16.710

***Blood --- 15.130 <-かなり上がってきてる

**Neuron --- 14.318

**Molecular Cell --- 14.248

**Journal of Allegy and Clinical Immunology --- 13.258 <-姉妹紙以外の免疫系でトップ

**Journal of Clinical Investigations --- 13.251

**Nature Communications --- 12.353

**PLoS Medicine --- 11.675

**Nucleic Acid Research --- 11.561

**Science Advances --- 11.511 <-初めてIFついた

**Journal of Experimental Medicine --- 10.790 <-めっちゃ下がってきてる

**EMBO Journal --- 10.557

**EMBO Molecular Medicine --- 10.293

*Developmental Cell --- 9.616 <-発生系落ち目

*PNAS --- 9.504

*Genes & Development --- 9.462

*PLoS Biology --- 9.163

*Journal of Cell Biology --- 8.784

*EMBO Reports --- 9.749

*Stem Cell Reports --- 6.537

*Science Signaling --- 6.378

*Allergy --- 6.048

*PLoS Genetics --- 5.540

*Development --- 5.413 <-落ち方やばい

*International Immunology 5.189 <- IIがJIを抜いた

Journal of Immunology 4.539

Journal of Biological Chemistry 4.010

Developmetanl and Comparative Immunology 2.913

 

はたらきもの

vvimeo.com

 

山の上でまじめにはたらいてる。

一心不乱、蜜しか見えておられないようです。

 

2017年7月24日 神戸市六甲山町

空は鏡

f:id:bio-log:20180522010908j:image

横浜の空も、よく見ると悪くはなさそうです。

要するに、空の美しさはその時の心持を映す鏡みたいなものなのかもしれないと思いました。

空を見上げる

f:id:bio-log:20180516010356j:image

最近めっきり空を見上げる機会が減った。

それは忙しいということでもあり、ありがたいことなのだけれど、"あ、面白い雲!"と、空をぼんやり見上げていた、あの時の心に戻りたいなという気持ちもある。

 

Esch-sur-alzette, Luxembourg | 2017年10月3日

 

トリエンナーレでルクセンブルク

f:id:bio-log:20170910185409j:image

昨夜、ヨコハマトリエンナーレのナイトミュージアムに参加しました。

 

島と星座とガラパゴスというタイトル。

孤立と接続、難民問題、アメリカを筆頭とするポピュリズムの台頭、社会の複雑化、、

現代人類が直面する問題に対して、さまざまなアーティストがさまざまな形で表現していて、自分自身も非常に刺激を受けたし、2時間という鑑賞時間ではとても足りないほどボリュームのある展示だった。

 

スプツニ子!氏Sputniko! Official Websiteによる展示

GoogleでWhy is **(国名)で調べると、自動で検索候補が出てきて、その国のパブリックイメージを知ることができるというもの。

例えば日本は、「なぜそんなに安全なのか」

f:id:bio-log:20170910191205j:image

 

ではルクセンブルクはというと、「なぜルクセンブルクは国なのか」というのには笑ってしまった。

f:id:bio-log:20170910191325j:image

 

2017年9月9日 神奈川県横浜市

 

ルクセンブルク

今日、書店をふらふらとしていて、そうだ、来月ルクセンブルクに行くから、と思って、[旅行]のコーナーでしばらく物色したものの、その国について書かれた本はついにたったの1冊しか見つけることはできなかった。

 

f:id:bio-log:20170904005825j:image

 

ルクセンブルク、自分にとっては全くもって未知の土地、いろいろ想像が膨らんで、ちょっとした冒険に今から胸が高鳴っている。

 

2017年9月3日 神奈川県藤沢市